teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


短命な芸術家

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月24日(木)16時22分36秒
  モーツァルト 1756年1月27日 - 1791年12月5日  35歳

ショパン 1810 年3月1日 - 1849年10月17日  39歳
 
 

羽越本線あけぼの

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月22日(火)18時55分53秒
  羽越本線を走る「あけぼの」はもうない。

だいたい 新潟-秋田の特急は少なくなった。

吹浦駅  荒屋駅
 

三宅艶子:良妻・悪妻

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月21日(月)04時53分36秒
編集済
  三宅艶子:良妻・悪妻   昭和34(1959)年

著者の結婚生活はよかったのだろう。
健全なアドバイスが書かれている。

離婚した元夫も外国から帰ると、著者のもとで亡くなった。 元夫阿部金剛(1900年 - 1968年)は盛岡の人だった。

阿部艶子 亭主教育 1952
この本は館内閲覧 ぼろぼろの本  テス、パルムの僧院、異邦人などあり。

約束した時間を守らない女たちに、著者は社会のルールを守らない、人の迷惑を考えないと批判する。
今どきの女たちは社会のルールに慣れて、この著者の書くような問題はクリアしているのだろうか。

精神的に自立した妻になる。 夫のささいなことに目をつぶる。
などとは冷静な著者には正しいアドバイスのつもりでも、当事者になったら簡単には受け入れられないかもしれない。
そこには夫の行動や理解ある対応などが必要かもしれない。


曽野綾子の「誰のために愛するか」と同じことを書いていると思うのだが
時代の差とか著者の個性があるのだろう。

夫のほうも結婚生活を続けるには、それなりの努力が必要。
結婚生活は大変。 だから、独身が増えるのか。

トイレッタは、短編の集合  いろいろな男女関係を上手にまとめている。
 

良い記事は何度でも良い

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月19日(土)16時44分19秒
編集済
  新着順:717/1007
       投稿日:2014年 3月18日(火)

余裕をもって仕事をしよう
というアドバイス  これは良い。

疲れたら休む。
本も必要なところだけ読め。気に入らない本は読まなくてよい。
気が乗らないときは、できることからやる。 やり出すと気分も変わり乗ることもある。

  -------

   和田秀樹:大人のためのスキマ時間勉強法

無理はしない  (週に一度あるいは月に一度は、予備の日を入れる)

待ち合わせ時間には絶対早く行く  (待つ間に本を読んだり小さい仕事をする)

本は必要なところだけ読む

カフェ・喫茶店・ファミレスも勉強場所になる

連続して集中することはない (著者も60分ですら集中力が続かない)

気が乗らないときは、できることからやる

     -----

:2014年 3月 6日(木)
   赤羽建美:心を休めるハッピールール

自分が幸せな人は、人も幸せにできる
 幸せな人は周りの人も幸せにする。

まず「ありがとう」と言ってみる
 一種の儀式と思って言うのもいい。

優先順位を決めるとうまくいく
 体は一つ、一日の時間は限られている。
 優先順一位のものから始める。
 優先順位二位以下は、時間的にできるところまでする。

たまには、さぼってもいい

アイデアは相手から引き出すもの
 アイデアは、一人で机の前にじっと座っていても出てこない。
 アイデアには、相手が必要。
 相手とは、人間だったり街の風景だったりする。

窓を開けると、幸運も入ってくる
 沈みがちのときは部屋に悪い空気がたまる。
 窓を開けると、新しい空気が入ってくる。
 環境を変えてみるのもよい。
 

文学の中の法

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月16日(水)12時41分1秒
編集済
  長尾龍一:文学の中の法  日本評論社

東大教養部の教授だったが専門は法学。


迷亭先生の芸術の消滅の予言
 芸術が繁昌するのは芸術家と享受者の間に個性の一致があるからだらう。
 君[越智東風君]がいくら新体詩家だって踏張っても、君の詩を読んで面白いと云うものが一人もなくっちゃ、君の新体詩も御気の毒だが君より外に読み手はなくなる訳だらう。
 ...人々個々各特別の個性をもってるから、人のつくった詩文抔は一向面白くないのさ。
 現に今でも英国抔では此傾向がちゃんとあらはれて居る。
 現今英国の小説家中で尤も個性のいちぢるしい作品にあらはれた、メレヂスを見給へ、ジェームスを見給え。
 読み手はきわめて少ないぢゃないか。
 少ない訳さ。あんな作品はあんな個性のある人でなれければ読んで面白くないんだから仕方がない。

迷亭先生の芸術未来論の方は、一億全員がインターネットのホームページを開き、たいてい自分一人しか鑑賞者がいず、たまたま自分の個性の一致した読者・鑑賞者がどこかから現れてくるのを待っているという時代を予示したものかもしれません。

大学教師の世界では、「(文科系の)紀要論文の読者は、一点平均一・五人で、その中には本人が入っている」ということが言われており、実際私が「社会科学紀要」という私の勤務先の雑誌に書く文章なんか、私以外一人の読者もありません。

この文章が強く印象に残る。大学教師の実態。

しかし、画家の絵、作曲家の音楽もそんなものかもしれない。
自分だけの自己満足、しかし後に認められることもある。美術史や音楽史にそういう例はあろう。
良いものが必ずしも評価されるとは限らない。
もっとも評価されなければ、その創作者は辛い生活をおくらなければならないだろう。

誰も読まない紀要の原稿を書いて、職を失わないだけましなのかもしれない。
売れない漫画家は生活できない。
描きたいものを描かないで、求められるものを描きなさいとアドバイスする水木しげる。
それと対照的だった漫画家残酷物語の永島慎二。


著者は、どさくさに紛れて自己弁護をしている(?)
 

冬虫夏草

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月15日(火)12時53分51秒
編集済
  冬虫夏草は15世紀のチベット薬物書「甘露宝庫」に記載されている。
漢方の最初の記録は、1757年出版の「本草従新」である。
1726年フランス王立アカデミー報告書が冬虫夏草の最古の文献である。(別の本にはフランス人宣教師が中国市場で入手したものをフランスに送ったと書かれてあった)

冬虫夏草は、漢方では(ネパール、チベット、中国の3000メートル以上の高地に産する)コウモリガにコルジセプス・シネンシス(Cordyceps sinensis) というカビ(糸状菌)が寄生したもの。

生物学的には一般に、昆虫にカビが寄生してキノコを生じたものである。
 カメムシ、セミ、コウモリガ、オサムシ、ハチ、ゴキブリ、バッタ、トンボ、シロアリ、ハエ、クモ、ダニ
    他の本にはアリに寄生した例も報告がある。

冬虫夏草 → 子実体+虫(宿主)

専門的には、完全世代(有性生殖による世代)のコルジセプス属(Cordyceps)、トルビエラ属(Torrubiella)、ネオコルジセプス属(Neocordyceps)などに限定する考え方もあるが、この本の著者は不完全世代も含めて冬虫夏草として扱っている。

著者は、ハナサナギタケ分生(胞)子を、昆虫に接種して培養する実験を行った。
その後
ハナサナギタケ(不完全世代)とサナギタケ(完全世代)について実験した。
 培地は大麦を炭素源として、ペプトン、酵母エキス、20%ジャガイモ抽出液を加えた。

有性生殖をしている完全世代、無性生殖をしている不完全世代  完全世代と不完全世代は(同じ種なのに)外見が異なる。
   別の本には、セミの成虫に生えるカビは、不完全世代だった例が書かれてある。


韓国では、人工培養したハナサナギタケのドリンクや錠剤が売られている。

原彰:冬虫夏草を正しく学ぼう  碧天舎
 著者は九大農学部卒 名城大学教授

ほとんどの冬虫夏草菌はバッカクキン科に属する。

バッカクキンの寄生したライ麦を食べると、流産、手足の壊死(えし)、けいれん等が起こることがあるのは古くから知られ、いわゆる麦角中毒として知られていた。

この菌核には多種のアルカロイドが含有することから、これら成分を総称して麦角アルカロイドという。
(アルカロイドとはアルカリに似た化合物、植物塩基 麻薬のほか灰汁もアルカロイド ならカンスイも?)

毒も薬となるように
使用量をコントロールすることにより薬として用いることが可能となった。
 麦角アルカロイドの主な薬理作用は交感神経αアドレナリン受容体遮断作用、子宮筋収縮作用、心血管系収縮作用である。
 エルゴメトリンは日本薬局方にマレイン酸エルゴメトリンとして収載され、出産後の子宮収縮、出血防止、胎盤排出に用いられる。

この本では、明治乳業の冬虫夏草ドリンクが紹介されているが、いまネットで調べると
 「冬蟲夏草顆粒」があった。
https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2008_meinyu/detail/20081202_01.html


 自社製品がお買い得というPR記事
http://www.touchuukaso.com/kakaku-02.html
明治の製品をけちょんけちょんに、サントリー製品も。


簡単に培養法による成分効果の違いを説明したサイト
学問的には成分分析データが必要
http://www.tochukaso-expl.com/check/method.html
   よく見たら上のサイトと同じだった。 おやおや


この本の著者によると
それぞれの販売される冬虫夏草は、どのようにして人工栽培されているのか
詳しいデータは秘密にして、効能についても実証データは追跡が難しいようだ。
(企業秘密)

著者の書くように、国内外の冬虫夏草製品は、昆虫を使うか、培地を使うか、培養液かで作り方もさまざま。
色々なサイトを見ても製造方法は企業秘密、成分についてもPR的要素が強い。
中には毒物も含まれていることもあるから、使用にあたっては要注意だろう。

漢方といえども有害なケースもある。体質に合わない、悪質な業者の製品など、外の漢方薬品でも、これまでにも事故があった。
だんだん冬虫夏草に否定的になってきたのでした。


漢方の冬虫夏草 Cordyceps sinensis
サナギタケ Cordyceps militaris
白疆病菌 Cordyceps bassiana
ハナサナギタケ Cordyceps tenuipes (Isaria japonica)
ウスキサナギタケ(ハナサナギタケの完全世代) Cordyceps takaomontana

  *白疆病菌  カビにとりつかれた虫が白いミイラ化する。
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/publications/annual_exhibitions/INSECT2009/0403.html


漢方の冬虫夏草の効能
「結核、黄疸、慢性ぜんそく、慢性気管支炎、慢性腎炎、腰痛、強精強壮、
慢性貧血、抗菌作用のほか抗腫瘍性(抗ガン性)についても高い薬作用が
証明されている」(清水大典)

民間療法の一種か


   盛口満:冬虫夏草の謎、どうぶつ社  著者は冬虫夏草ハンター(高校教師)
 

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣

 投稿者:manager  投稿日:2017年 8月13日(日)17時07分49秒
編集済
  宮島賢也:医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣
https://www.amazon.co.jp/%E5%8C%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E7%A7%81%E3%81%8C%E8%96%AC%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%8C%E3%81%86%E3%81%A4%E3%80%8D%E3%82%92%E6%B6%88%E3%81%97%E5%8E%BB%E3%81%A3%E3%81%9F20%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3-%E5%AE%AE%E5%B3%B6-%E8%B3%A2%E4%B9%9F/dp/4806144800


自分のうつを克服した医師

やはり、薬で抑えるのは一時しのぎ、根本的に直すには本人の考え方を変えるのが一番。 私もそう思う。

著者のうつ病克服法は、発展途上の治療とみた  まだまだ発展の可能性あり。

自分を追い込みすぎるから、うつになるという著者の考え。


「いい加減」に手を抜けると楽になる。
うつ症状は、体からの警告のサイン (これ以上もうできない。逃げたい)
自分に「休んでいいよ」と言ってあげる。

相手への期待を手放す。
「義務」や「責任」で考えず、「うれしい」で選んでみる。
あとまわしにできることは、あとまわしにする。
「ぼーっ」とできる時間を意識的にもつ。

職場の悩みを抱えるサラリーマン  本人だけでなく上司との人間関係がからむから、解決は大変。 まあ、本人の考え方を変えるだけで、少し気が楽になりそうだか。
 おいしんぼの山岡が上司に怒られても気にしない、あのペースが理想なのだが、うつ傾向の人間にはできるだろうか。


だから、以下のアドバイスは他の本で見たものだが、この著者も説明している効果的なアドバイスなのだ。

 他人と過去は変えられない。
 自分と未来は変えられる(可能性がある)。

 ありがとうと言う習慣をつける。
 自分のいいところを評価する。自分で自分をほめる。

 ○○しなければならないと自分にプレッシャーをかけるのはやめよう。  かえってストレスになる。
 

香日ゆら『夏目漱石解体全書』

 投稿者:manager  投稿日:2017年 8月13日(日)09時37分36秒
編集済
  香日ゆら先生の『夏目漱石解体全書』でました!
http://kaigyou-turezure.hatenablog.jp/entry/2017/06/04/005240

 夏目漱石解体全書の感想・レビュー
https://bookmeter.com/books/11764634


夏目漱石  1867-1916  49歳
 妻鏡子  1877-1963  86歳

正岡子規  1867-1902  35歳

寺田虎彦  1878-1935  57歳
和辻哲郎  1889-1960  71歳

鈴木三重吉 1882-1936  54歳
森田草平  1881-1949  68歳

森鴎外   1862-1922  60歳
久米正雄  1891-1952  61歳
芥川龍之介 1892-1927  35歳



明治36(1903)年 帰国  36歳

明治38(1905)年 吾輩は猫である  38歳

明治39(1906)年 坊ちゃん  39歳

明治40(1907)年 朝日新聞社入社  40歳

明治41(1908)年 三四郎 連載  41歳

明治42(1909)年 養父から金無心される  42歳

明治43(1910)年 門 連載  43歳

明治44(1911)年 文学博士号辞退  44歳

大正3(1914)年 こころ 連載  47歳

大正5(1916)年 死亡  49歳
 

伴侶の死

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 9日(水)06時06分37秒
編集済
  加藤恭子:伴侶の死  文春文庫

重い本だ。


著者は、周りの人から夫の姿を確認する。
「本質的には自己中心で、自分の見たいようにしかものを見ないということね」
「彼を説得できた人間なんて、誰もいないんじゃない?」
「だけど、『加藤さんならしようがない』って、皆が許してしまう。好き嫌いが烈しいし、時々非常に無茶を言い出すし、決して理想的な言動をした人じゃないんだけれど、皆が許すところがあったんです」
  (これでは、妻の意見に耳をかさなかったであろう。 副所長どまりで所長になれなかったことは自他共に気がついていた?)

ひどく複雑な人だった。強さと弱さなど、相反したものを抱え込んでいるのが人間なのかもしれないが、それを極端な形で内蔵していた。
人生に対してひどく積極的であると同時に、ひどく見切りをつけている面もあった。

「『もう死んじゃうよ』ということを、『この仕事止めるよ』と同じレベルで言われて...」
妻が夫に強いことが言えなかったのは、そういう面があったからなのだが
もっと強く言った方がよかったのかと後で悩んでいる。


今までは平面として見、接してきたその人のイメージに、側面と背後を加え、立体的な像に仕上げることを願うのだ。
 (自分のいだいてきたイメージは平面的で、他の人からの視点を加えることで立体的になるということか)



結論として、私は実に愚かな妻であった。
情緒不安定で、自己破壊的な何かを彼の中に感じていた私は、
ただはらはらと彼に仕え、甘やかした。
朝食はベッドへ運び、野菜は食べずにお酒が食事代わりでも何も言わず、
部屋中タバコくさくなっても我慢した。
彼の給料は好きに使わせ、私の収入で家計を支えた。
何でも好きなようにさせ、それが彼を仕合わせにすると信じていたのだ。
生物学者である本人が、極度の末期まで癌に気がつかないとは、変。

「でも、それが自己破壊の深層心理のなせるわざではないかと...広義の自殺に近い側面があると...」
と、ある"道案内人"は言われた。
 (著者は、自分の知らなかった真の夫の姿を知るため、さまざまな道案内人を訪ねて回る)

私は、彼の"生"のために、彼の仕合わせのために働きぬいてきたのだと信じていた。
だが、実は、彼の"死"の手助けをしていたのだ!
後悔はずっと尾を引くことになった。
  (いくら努力しても、後悔は必ず残る。  そう思ったが、著者は自分の献身的行為を無意識に表明したかったのだろうかという思いにいたった)


私は"母"を演じるべきではなかったのかもしれないのだ。
激しくぶつかり合い、けんかもしたら、あるいは彼の人生を、もう少し彼自身にとって楽な方向へ、変え得たのだろうか?
  (三浦朱門が曽野綾子からののしられたのも、彼女の親切なのだろう。それを受け入れた夫の寛容さ。 だが夫婦の関係はそれぞれの組み合わせ。忠告やぶつかり合いが、相手にストレートに善意が伝わるとは限らない。反対の結果になることもあろう)
 

楳図かずお「漂流教室」

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 8日(火)18時56分51秒
編集済
  楳図かずお『漂流教室』 異次元への旅   平凡社
http://www.heibonsha.co.jp/book/b275049.html

未来への不安が、漫画家の作品を描く動機なのか。


三歩進んで二歩さがる(三百六十五歩のマーチ)
 とりあえず3歩進化して、2歩退化する。
   退化するということは、単純な世界に戻ることだから、許容量が広くなる。


パクリを避ける。 知らず知らずに他人の作品に影響を受けることを恐れ
人の作品は見ないようにしている。
 

レンタル掲示板
/102