投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 筍の季節

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 4月30日(日)19時53分17秒
返信・引用
  > No.792[元記事へ]

こちら、今年はちっとも竹の子が採れませんでした。
去年は豊作大量だったのに。。

イノシシが食べてしまって何もないんです。
そこいらじゅうを掘り返してきれいに食べることいったらない。
わずかな目こぼしがありましたが、細い小さいかわいらしい。
根本の太さ5センチ!

 

筍の季節

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2017年 4月29日(土)01時02分34秒
返信・引用
  今年は少し(1週間くらい)遅れた筍のシーズンになりそうだ。
明日は市内の山姥達が来て竹藪を歩きたいそうである。
昨年は大猟で喜んで今年も期待している様子である。しかし今年はそうはいくまい。
竹藪を歩いて楽しめばいい。
竹藪は人体変身するとの噂があるので、筍を探しに入った山姥は「かぐや姫」みたいに若返って
出てくるだろう。それとも逆か!
 

すごいぞ!平野美宇!!

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 4月16日(日)11時58分26秒
返信・引用
  卓球のアジア選手権、女子シングルスで平野美宇が優勝した。
強敵の中国選手を立て続けに破ったうえの優勝だ。
すばらし過ぎる!

平野選手は山梨県出身で、地元新聞では一面だ。
リオ五輪に出れなくて、悔しくて練習したのだ。
すばらしいガッツ!

ここ最近、こんなに元気のでるニュースはなかった。
すごいぞ!平野美宇!!
 

地下足袋(2/2)

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月23日(木)20時42分44秒
返信・引用
  仕事(林業)で使っている地下足袋の記録

林業では基本的に作業着、地下足袋、手袋などは自分持ちの会社が多いと思う。
自分で安くて丈夫で使い勝手の良い、好みに合ったものを選んでいる。
地下足袋は靴裏にスパイクに付いたものを使っている。
色々な種類の地下足袋があるが指先鉄芯入りを使っている。
ちなみに、親指と人差し指のところで二股になっているので、中には指が痛くなる人もいる。
そういう人はスパイク付きのブーツタイプを履いている。

さて、2年の木こりで履いた相棒の地下足袋を残してある。
なんとなく、残しているのだが4足になったので、痛み具合などを比べてみた。

■3足目
荘快堂/山彦(指先鉄芯入り)
2016年4月~2016年9月(24.5cm)
左親指の付け根辺りの布が切れている
右小指の付け根辺りの布が擦れている

■4足目
荘快堂/山彦(指先鉄芯入り)
2016年10月~2017年2月(24.5cm)
左と右親指の付け根辺りの布が切れている(当て布補修)
左くるぶし辺りの布が切れている(当て布補修)

■おまけ
皮手袋は3ヶ月でアウト!
地下足袋はサイズを24cmに変えて山彦を使用中!

 

地下足袋(1/2)

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月23日(木)20時40分40秒
返信・引用
  仕事(林業)で使っている地下足袋の記録

林業では基本的に作業着、地下足袋、手袋などは自分持ちの会社が多いと思う。
自分で安くて丈夫で使い勝手の良い、好みに合ったものを選んでいる。
地下足袋は靴裏にスパイクに付いたものを使っている。
色々な種類の地下足袋があるが指先鉄芯入りを使っている。
ちなみに、親指と人差し指のところで二股になっているので、中には指が痛くなる人もいる。
そういう人はスパイク付きのブーツタイプを履いている。

さて、2年の木こりで履いた相棒の地下足袋を残してある。
なんとなく、残しているのだが4足になったので、痛み具合などを比べてみた。

■1足目
荘快堂/山彦(指先鉄芯入り)
2015年4月~2015年9月(25cm)
左親指の付け根辺りの布が切れている

■2足目
荘快堂/山彦(指先鉄芯入り)
2015年10月~2016年3月(24.5cm)
右親指の付け根辺りの布が擦れている




 

イルカ

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月22日(水)22時04分58秒
返信・引用
  ここ山梨では、昔はイルカをよく食べたそうだ。
冬に身体を温めるための貴重な食べ物として。


スーパーでイルカを見かけることはまれだ。
岩手県産で100g198円。

母の料理を思い出しながら作ってみた。
イルカの赤身と皮の脂肪。
茹でてアクを取る。
ごぼう、長ネギ(足してみた)と炒めて、味噌で味付けをする。

う~む、やはり独特の匂いが。。
少し苦手だ。

 

肉ぼんたん炒め

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月13日(月)21時47分14秒
返信・引用
  美味しい!

ぼんたんの皮を肉と炒めるととても美味しい。
野菜炒めにぼんたんの皮を入れたらナイスだったので作ってみたらGOOD!
ほかに野菜を入れた方がもっと美味しくなりそう。
おすすめ!

・ぼんたん(サニーポメロ)
・いよかん
・きんかん


仙人さま、ごちそうさまでした


 

Re: 今日はなんの日?

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月11日(土)20時40分48秒
返信・引用 編集済
  深山の仙人さんへのお返事です。

> 北海道の落盤事故はまだ記憶しています。
> 岩盤に閉ざされたトンネルの開口処理に道路管理者の責任のなすりあいにアキレタものです。
> 仏教の「毒矢の喩」を思い出します。
> 「現場主義」と権限の委譲をかねてから整備しておきましょう。
>
>

事故の対応で「毒矢の喩え」のようなことがあったのですね。
知りませんでした。
「毒矢の喩え」も知らなかったので調べました。
目の前で生死に係わる事故が起きているのに。。
そこで大事なのが現場主義と権限の委譲。
今すぐの現場判断が必要な場合にスタンプラリーなどしている時間はないわけですから。
日頃のリスク管理が大事!
 

Re: 今日はなんの日?

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2017年 2月11日(土)01時43分11秒
返信・引用
  > No.784[元記事へ]

北海道の落盤事故はまだ記憶しています。
岩盤に閉ざされたトンネルの開口処理に道路管理者の責任のなすりあいにアキレタものです。
仏教の「毒矢の喩」を思い出します。
「現場主義」と権限の委譲をかねてから整備しておきましょう。







> 毎朝、NHKラジオ第一の『マイあさラジオ』を聞いている。
> 「今日はなんの日?」というコーナーがある。
> マクドナルドが日本で初めてハンバーガーを販売した日だよ、
> とか、初めて国産ロケットが飛んだ日だよ、などなど、ほほーと感じるのだ。
> 今日、2月10日は北海道のトンネル岩盤崩落事故の日であった。
>
>
> 1996年2月10日午前8時10分、トンネル内の岩盤が崩落し、
> 走行中のバスと乗用車が直撃を受け20名全員が死亡した。
>
>
> 当時のニュースで記者がバスに乗り「このようにトンネルに向かっていき事故に遭ったのです」とコメントしていた。
> 人はいつ死ぬのか分からんもんだ、明日、何かで死ぬかもしれない。
> そう思った。だから、今は大事だなぁと思った。
> 20年前に感じて、今も同じ思いだ。
>
>
> しかし、開高健の『ゆっくりと急げ』という言葉も忘れない。
> これも同じように重い。
>
>
 

今日はなんの日?

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月10日(金)21時07分38秒
返信・引用
  毎朝、NHKラジオ第一の『マイあさラジオ』を聞いている。
「今日はなんの日?」というコーナーがある。
マクドナルドが日本で初めてハンバーガーを販売した日だよ、
とか、初めて国産ロケットが飛んだ日だよ、などなど、ほほーと感じるのだ。
今日、2月10日は北海道のトンネル岩盤崩落事故の日であった。


1996年2月10日午前8時10分、トンネル内の岩盤が崩落し、
走行中のバスと乗用車が直撃を受け20名全員が死亡した。


当時のニュースで記者がバスに乗り「このようにトンネルに向かっていき事故に遭ったのです」とコメントしていた。
人はいつ死ぬのか分からんもんだ、明日、何かで死ぬかもしれない。
そう思った。だから、今は大事だなぁと思った。
20年前に感じて、今も同じ思いだ。


しかし、開高健の『ゆっくりと急げ』という言葉も忘れない。
これも同じように重い。

 

重心

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 2月 7日(火)21時07分12秒
返信・引用 編集済
  ここしばらく地拵えが続いている。
地拵えは、植林の前段階で皆伐した斜面に残っている木や枝を束ね、等間隔で等高線に片付ける作業だ。
木や枝を束ねながら斜面下に転がしてゆくことを”まくる”といい使う1.5m位の棒を”まくり棒”と言う。


木や枝を束ねてゆくとだんだん重くなる。
まるで、寿司の太巻きが雪だるまのように大きくなってゆく。
こうなると、まくり棒を差し込んでまくるのはやっとこさ。
しかし、うまい方法がある。
それは、自分の身体の重心を太巻きの重心に寄せる。
身体を太巻きの等高線と同じ等高線に置けば、ほぼ重心が同じになる。
その位置でまくれば割りとたやすくまくることができる。


柔道や合気道はやったことがないのだが、同じ理屈なのだろうと思う。
相手の身体の重心を自分の身体の重心に寄せるか自分から寄るかして技をかけるのだと思う。


正しいやり方は体が楽なのだ。



 

サランラップ

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月30日(月)21時06分58秒
返信・引用
  ご飯を包んで冷凍するときなどなど、サランラップをよく使う。
そのまま、電子レンジで温めができるからとても便利だ。
文明の利器だ。

しかし、難点がある。
それは、引っ張り引き出し損ねて、変に切れるとその修復にとても時間がかかるのだ。
そこで、常に在庫を持っていて、変に切れてしまって修復時間のない時は新品をおろす。
すばらしき用心深さ!

それでもまだ問題があることが分かった。
在庫が切れたとき困る。
当然であるが。

そこで、在庫が最後の一つになった時の対処。
最後の一つとならないように、今のものが使いかけの内に最後のひとつをおろすのだ。
これで、使えるサランラップが二つになる。
変に切れて修復時間がなくても大丈夫!!!
すばらしい!!!

 

氷と岩山砂漠

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月29日(日)13時46分48秒
返信・引用
  木こりは今、氷の岩山砂漠で仕事してます。

地拵えです。
まずは杉を皆伐した4.5haの斜面で作業道を作っています。
斜度は30度~45度。
岩がごろごろ、砂はさらさら。
日陰は凍結地面。
ここに巾50cmの道を1200m作ります。
凍った地面をツルハシで砕きながら進みます。
これが大変で。。
昨日は手首が痛くでお休みしました。。

しかし、凍った地面の掘り進み方が分かりましたヨ。

地面は凍っても20cm。
厚めのたまごの殻みたいなもの。
それも少しづつ剥がせばいいのです。
名付けて、かさぶた剥がし法。
ツルハシは上から打ち込むと刺さって抜けないか、弾かれるかのいづれか。
そこで、横から時計の振り子のように氷の層の下に打ち込む、そして剥がす。
時に、固い氷の層と柔らかい氷の層の二層になっているときがある。
その時は、固い氷の層の下に打ち込むとよいのです!
打っては剥がし、売っては剥がす!
これです。

それにしても、皆伐後、草も雑木も生えてこず、
砂漠になってしまうとは悲しいことです。







 

母の初夢

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月 8日(日)18時37分40秒
返信・引用
  母の初夢は、山崩れと噴火。
山崩れを対岸から見た。
山が赤く噴火していた。

富士山、噴火か!?
 

Re: post truth

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月 8日(日)18時32分38秒
返信・引用
  深山の仙人さんへのお返事です。

まったく、自分を信じて疑わない人には困ります。
ゆらぎという自然の公平な法則には逆らえません。


> 声の大きい人、事があたかも正しい事であると信じる
> しばらくして、本当の事が分かり後悔するが後の祭りであったりする
>
> 仏教で「真空妙有」という言葉があるが量子論によると真空は「無」でなく
> 活発に「生成消滅のゆらぎ」があるそうだ

宇宙は真空?
何もない状態?
宇宙は細かな細かな粒子がゆらいで固く固く締まっているがゆえにその粒子の弾性係数で飛んでくる光は速い!のだと。
ビッグバンは、過冷却の水が衝撃エネルギーで瞬間に凍るごとく、小麦粉の粉末が粉末爆発するがごとく、起こったのだと。
思うのです。


>
> 我々はマグマの上の薄皮上で生活が成り立っている事を再認識する必要がありそうだ
> 「自然は偉大だ」
>

 

post truth

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2017年 1月 8日(日)03時54分18秒
返信・引用 編集済
  声の大きい人、事があたかも正しい事であると信じる
しばらくして、本当の事が分かり後悔するが後の祭りであったりする

仏教で「真空妙有」という言葉があるが量子論によると真空は「無」でなく
活発に「生成消滅のゆらぎ」があるそうだ

我々はマグマの上の薄皮上で生活が成り立っている事を再認識する必要がありそうだ
「自然は偉大だ」
 

Re: 月と地震

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月 3日(火)14時26分55秒
返信・引用
  > No.776[元記事へ]

深山の仙人さんへのお返事です。

仙人さま

本年もよろしくお願いします。

今年、一つ目のため息は?
わたしは年末ジャンボが外れてため息をしそうな予感がします。
ぜひ、予感が外れてため息をつきたいと願っています。


>
> 謹賀新年
>
> 月と地震は大いに関係があるそうです
> 重力の本にそのような事が書いてありました
> 月、地球と太陽が一直線に並ぶのは新月、満月の時で最も潮汐力が強くなり
> 月の位置が地球、太陽に直角になる時が弱くなる
> これの力が息継ぎのように繰り返し、ある所で溜息するそうです
> いつ、どこで、どの位の溜息があるかは予想難しいそうです
>
> 私などはいつも溜息を付いています
>
>
 

Re: 月と地震

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時37分29秒
返信・引用
  > No.775[元記事へ]

たけさんへのお返事です。

謹賀新年

月と地震は大いに関係があるそうです
重力の本にそのような事が書いてありました
月、地球と太陽が一直線に並ぶのは新月、満月の時で最も潮汐力が強くなり
月の位置が地球、太陽に直角になる時が弱くなる
これの力が息継ぎのように繰り返し、ある所で溜息するそうです
いつ、どこで、どの位の溜息があるかは予想難しいそうです

私などはいつも溜息を付いています


> 新年明けましておめでとうございます。
> 今年も宗教・政治でもなんでもNGなしで書きます受け取ります。
> よろしくお願いします。
>
>
>
> 木内鶴彦の『「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み』H26.6という本を読んでいたら
> ・・・私が調べた範囲では、地震が起きるのも満月にさしかかったときや新月から戻りつつあるときに多く見られます。・・・
> とありました。
>
> 同じようなことを読んだことがある!
> 確か、寺田寅彦か西丸震哉だったはず。
> 本をひっぱりだして読み返しました。
> ありました!
>
> 西丸震哉の『山の博物誌』S61.2でした。
> ・・・地震の危険な時間帯は、月齢四日から八日まで、もう一つは満月をすぎた十七日から二十一日までの間となる。・・・
>
>
>
> おおおおー、あぁーーー、すっきりした。
>
>
>
>
> (追記)
> 木内鶴彦の本に、月は今から一万五千年前に通りかかった彗星が地球の引力に引っ張られて衛星となった。彗星の氷が地球に降りそそぎ大洪水が起こった。地球の質量が大きくなり、重力が大きくなった。とあった。
>
>
 

月と地震

 投稿者:たけ  投稿日:2017年 1月 1日(日)22時32分22秒
返信・引用 編集済
  新年明けましておめでとうございます。
今年も宗教・政治でもなんでもNGなしで書きます受け取ります。
よろしくお願いします。



木内鶴彦の『「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み』H26.6という本を読んでいたら
・・・私が調べた範囲では、地震が起きるのも満月にさしかかったときや新月から戻りつつあるときに多く見られます。・・・
とありました。

同じようなことを読んだことがある!
確か、寺田寅彦か西丸震哉だったはず。
本をひっぱりだして読み返しました。
ありました!

西丸震哉の『山の博物誌』S61.2でした。
・・・地震の危険な時間帯は、月齢四日から八日まで、もう一つは満月をすぎた十七日から二十一日までの間となる。・・・



おおおおー、あぁーーー、すっきりした。




(追記)
木内鶴彦の本に、月は今から一万五千年前に通りかかった彗星が地球の引力に引っ張られて衛星となった。彗星の氷が地球に降りそそぎ大洪水が起こった。地球の質量が大きくなり、重力が大きくなった。とあった。

 

大昔は未来

 投稿者:たけ  投稿日:2016年12月30日(金)10時05分17秒
返信・引用 編集済
  縄文時代は1万二千年前から二千五百年前までと区分されている。
青森の縄文遺跡、三内丸山では今から四千五百年程前に直径1メートルもある固い栗の木を伐って建てた。
チェーンソーで伐って倒すのも大変な太さ、しかも重い。
直径30センチの丸太1mでも持ち上げられないほどに重いのに。
知恵があって技術があったのだ。
同じころ、エジプトではピラミッドを作っている。
そこにも知恵と技術があったのだ。
しかし、今にその知恵と技術は引き継がれていない。
理由は不明だが消滅した。


石原慎太郎が物理学者のホーキングにした質問の話を思いだす。
この宇宙に地球と同じような星がいくつあるのか?
たくさん。(数は忘れた)
なぜ、たくさんあるのに宇宙人を見ることがないのか?
瞬間で滅びるからだ。
瞬間とはどれくらいの時間か?
高度に発達した文明は100年程で滅びる。
という話。


どんなに発達した文明も滅びる。
だから、今の文明も滅びる可能性がある。
今の文明が滅びるとしたら、原因はなんだろうか。

 

縄文人と趣味が合う!

 投稿者:たけ  投稿日:2016年12月23日(金)20時18分50秒
返信・引用 編集済
  今日は山梨県の北杜市考古資料館に行った。
ここには素晴らしい縄文土器がたくさん展示してある。
あの文様の意味については、オーストラリアのアボリジニの人に聞いてみたいものだ。
アボリジニの人の書く全く意味不明に見える模様は、実は具体的なイメージがあって物語があるのだ。
だから、分かるかもしれない。


それはともかく、面白いものを見た。
まん丸い球型の石。
遺跡の炉にあったとのことで笑った。
わたしは、山で見つけた同じように丸い石をテレビの横に飾っている。
川の無い乾いた山の上の上、丸い石などあるはず無い地層から見つけた
不思議ものだから超貴重なものと思って持って帰った。
趣味が合う!と笑った。

丸い石を祭祀に使ったのでは?という推測である。
はたして、そうだろうか?
何か分からないものがあるとすぐに祭祀用と。。
(祭祀用と言えば、三枚目の写真の独鈷石もだ)
ボーリングゲームで使ったかもしれないし、ゲートボールゲームで使ったかもしれない。
温めて湯たんぽにしたかもしれないじゃないか。
いずれにしても、縄文人と趣味が合ってしあわせだ。

 

Re: わな猟免許講習会

 投稿者:たけ  投稿日:2016年12月13日(火)21時49分53秒
返信・引用
  > No.771[元記事へ]

深山の仙人さんへのお返事です。

> わな猟免許講習受講申請を出した。
> 家の周りを徘徊するヤツラドモを捕まえてラーメン汁にするのが目的である。
> 鹿児島ではとんこつ出汁が有名であるが、それと違った趣向でいこう。
> イノシシの肉が回ってくる時が有るがマズくて遠慮している。
>
>

なんと!
わな猟をやるんですね。
やられてばかりでは腹が立つし悲しいですから反撃は大事です!
ラーメン汁が楽しみですねー
ところでイノシシの肉は一度、鍋で食べたことありますが
とてもおいしかった記憶があります。。
講習の時に聞いた話では、仕留めた後の血抜き処理などで味が変わるそうですから
また、イノシシの肉を食べてみてはどうですか?
おいしい時もあるかもしれませんよ。

 

わな猟免許講習会

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2016年12月13日(火)00時21分48秒
返信・引用
  わな猟免許講習受講申請を出した。
家の周りを徘徊するヤツラドモを捕まえてラーメン汁にするのが目的である。
鹿児島ではとんこつ出汁が有名であるが、それと違った趣向でいこう。
イノシシの肉が回ってくる時が有るがマズくて遠慮している。

 

Re: 譲位はいいか悪いのか

 投稿者:たけ  投稿日:2016年12月 5日(月)22時52分45秒
返信・引用
  > No.769[元記事へ]

深山の仙人さんへのお返事です。

>
> 私は譲位に反対である。摂政を置けば良い。
> 櫻井氏と同意見であり、譲位した場合その身分をどうするか。
>
> 昭和天皇は摂政で苦労されたらしいが、国体の問題である。
> 一般社会では「隠居」があるが?
>
>
摂政がよいのでしょうか。。
天皇を務めるというのは、なんときびしい仕事でしょう。
皇后さまは「生前退位」という言葉が辛いとお話されたようですが、まさに。

天皇はいるだけで意味があるのだろうか。
国民の目に触れることもなく生きていても意味があるのだろうか。
死ぬまで天皇でいることだけで意味があるのだろうか。
自分の存在が自分で嫌になってしまった天皇が国民を愛することにどういう意味があるのだろうか。

法隆寺が火災で燃えて無くなったらどうする。
また作ればいい、と岡本太郎は言ったと記憶する。
国体は変えればいい。
憲法も変えればいい。

まだ、よく分からない。



 

Re: 譲位はいいか悪いのか

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2016年12月 2日(金)03時13分22秒
返信・引用
  > No.768[元記事へ]

たけさんへのお返事です。

私は譲位に反対である。摂政を置けば良い。
櫻井氏と同意見であり、譲位した場合その身分をどうするか。

昭和天皇は摂政で苦労されたらしいが、国体の問題である。
一般社会では「隠居」があるが?




> 天皇陛下の会見を受け止めて考えがいろいろある。
> 自分は譲位に賛成である。
>
> 高齢の母と過ごす時に感じるのは、身体がだんだん弱くなってきていることと
> 直近のできごとの物忘れが少しづつだが着実に進んでいること。
> 天皇陛下もそのことを自覚されているのだ思う。
> しっかり仕事をしたいのにできないことは、とても苦痛だろうと思う。
> という事は譲位が必要だと思った。
>
> 譲位有識者会議の面々の中で櫻井よしこさんの意見(産経新聞より)
> 「譲位には賛成しかねる。摂政を置くべきだ。皇室典範(の摂政設置要件)に「ご高齢」を加えることで
> 可能になる」「天皇陛下への配慮はとても重要だが、国家のあり方と分けて考える必要がある」
> 尊敬している櫻井さんのコメントだけによく考えなくてはならない。
> と思っている。
>
>
 

譲位はいいか悪いのか

 投稿者:たけ  投稿日:2016年12月 1日(木)21時28分49秒
返信・引用 編集済
  天皇陛下の会見を受け止めて考えがいろいろある。
自分は譲位に賛成である。

高齢の母と過ごす時に感じるのは、身体がだんだん弱くなってきていることと
直近のできごとの物忘れが少しづつだが着実に進んでいること。
天皇陛下もそのことを自覚されているのだ思う。
しっかり仕事をしたいのにできないことは、とても苦痛だろうと思う。
という事は譲位が必要だと思った。

譲位有識者会議の面々の中で櫻井よしこさんの意見(産経新聞より)
「譲位には賛成しかねる。摂政を置くべきだ。皇室典範(の摂政設置要件)に「ご高齢」を加えることで
可能になる」「天皇陛下への配慮はとても重要だが、国家のあり方と分けて考える必要がある」
尊敬している櫻井さんのコメントだけによく考えなくてはならない。
と思っている。

 

射撃教習 終了

 投稿者:たけ  投稿日:2016年11月29日(火)21時07分31秒
返信・引用
  今日は鉄砲の射撃教習だった。

狩猟免許を取っても射撃教習を受けないと鉄砲を所持することはできない。
七月に狩猟免許講習で鉄砲を触ったのが初体験だったが、今日は実射だった。

射撃教習は射撃場で行われる。
射撃場はクレー射撃やスキーム射撃を楽しみ、腕を磨くところ。
教官、ここは厳しいからねとおっしゃる。
絶対に守らなくてはいけない三つのこと。
『打つ時のみ弾を込める』
『銃口は人に向けない』弾が入っていないときも
『引き金に指をかける時は打つ時』引き金に指がかかるのが自然な構造だが常に意識して習慣に
一時間半の座学講習の後、実射。

初実射。
ドンッ!
驚いて目をつむった。
体がのけぞった。
銃口から白煙が上がった(ような気がした)。

25発がワンセットのクレー射撃。
・脱泡確認
・弾込める
・構える
・撃つ
・下ろす
・脱泡確認
の繰り返し。
不発時の対処の仕方も覚える。
4セットした。

「ハイッ!」と言う声を機械が拾って、お皿が手前から奥に向かって飛び出してゆく。
照準で狙う間もなく、一秒後に撃つ感じだったろうか。
当たるのはお皿まで40mくらいのところなんだろうか。
1番台から5番台まであり、今日は自分一人だけだったから全ての場所で撃つことができた。
お皿の飛んでゆく高さがそれぞれ変えてある。

結果は無事合格。
25発中2発当てれば合格である。
4セットはそれぞれ5発、5発、13発、8発が当たった。
3回目が検定だった。
当てたのではなく、当たったのである。

 

Re: 名刺の肩書

 投稿者:たけ  投稿日:2016年11月29日(火)20時27分29秒
返信・引用
  > No.765[元記事へ]

深山の仙人さんへのお返事です。

> 私の友人は「自然農園・・・・」「代表 ・・・・」の肩書きのある名刺を活用している。
> 大規模な管理された農園の経営者を想像するが
> 実情は手入れしていない畑で雑草が活躍している小作人である。まさしく自然農園である。
> 名詞の思い込み効果を狙っている。
> 実害がなければPRになるし前向きに活用すればいいのではないか。
>

思い込み効果でPRですかぁ。
いいですねー
さしづめ私であれば「がんばる木こり組」「代表・・・」てな感じですね。
組員数は?どの地域?何にがんばってるの?など色々な質問がきそうでPRチャンスです。


 

名刺の肩書

 投稿者:深山の仙人  投稿日:2016年11月27日(日)00時51分13秒
返信・引用
  私の友人は「自然農園・・・・」「代表 ・・・・」の肩書きのある名刺を活用している。
大規模な管理された農園の経営者を想像するが
実情は手入れしていない畑で雑草が活躍している小作人である。まさしく自然農園である。
名詞の思い込み効果を狙っている。
実害がなければPRになるし前向きに活用すればいいのではないか。
 

自分は『お土産だ!』 宣言

 投稿者:たけ  投稿日:2016年11月24日(木)20時12分19秒
返信・引用 編集済
  昨日は長野県の安曇野に行って来ました。
おべんとうを買いに地元のスーパーマーケットに寄りました。
そして、三時のお菓子も、と探しているとドーナッツがありました。
”信州のお土産にどーぞ”と書いた札が値札の横にそえてあります。
ですが、近くに置いてあるほかのドーナッツと余り違いがあるようには見えません。


ただ、このドーナッツには「信州あずみ野よりあ・な・たへ」のシールがどんと貼ってあります。
ですから、お土産に使えるんです!お土産になったんです!すごいです!
考えてみれば、お土産屋さんで売っているお菓子も、普通のお菓子です。
普通のドーナッツがお土産になって、何かいけないこともない。
お土産です!と宣言すればよかったのです。


自分の名刺を自分で作った肩書?で刷って自己紹介するというのもありだなと思いました。
ドーナッツは美味しいからクレームはないですが、肩書に偽りありと思われてはいかんですが。

 

/27